地方独立行政法人宮城県立病院機構のサイトです

〒981-1239 宮城県名取市愛島塩手字野田山47-1

宮城県立病院機構の看護師を目指すみなさんへ

CONTENTS 内容
 1 宮城県立病院に勤務する看護師の
勤務条件・福利厚生制度のご紹介
給与の内容や取得できる休暇,福利厚生制度について
 2 各県立病院の看護部の紹介
●宮城県立循環器・呼吸器病センター
●宮城県立精神医療センター
●宮城県立がんセンター
各県立病院の看護部について紹介します。


看護職員紹介


宮城県立循環器・呼吸器病センター 
3階病棟 高橋 伸枝

 

私は、循環器・呼吸器病センターに就職して、1年になります。私が勤務する3階病棟は、循環器と呼吸器の混合病棟で、日々患者さんとの関わりの中で、看護のやりがいと共に看護ケアの難しさや奥深さを感じています。

当病棟は、デイパートナーシップ方式で、ペアを組むことで、迅速確実に処置や看護ケアを行うことができます。先輩とペアを組むことで、処置の進め方や患者さんとの接し方を多く学ぶことができ、先輩と1日の業務について振り返り、会話を多くすることでコミュニケーション力も高まりました。

当センターで循環器科及び呼吸器科の専門性を一緒に学び、ともに看護を語り合いましょう。


宮城県立精神医療センター 東1病棟 横山 若奈

 

 私は、東1病棟(慢性期病棟)で勤務しています。病棟は、精神科救急病棟の後方支援病棟として、多職種と協同し長期入院患者や転入者の退院促進に努めています。

 今は、受け持ち患者の日常生活の支援から退院促進までしっかりと責任を持って考え、関わることが多くなりました。難しいな、これでよかったのだろうかと思うことも多々ありますが、積極的に患者さんとコミュニケーションをとることを日々心がけたり、先輩たちに相談して乗り越えています。

 患者さんの言動や行動が症状からのものなのか、生活習慣からのものなのか判断ができ、積極的に看護介入が出来るように、常に努力を重ねて精神科看護を頑張りたいと思います。


宮城県立がんセンター 4階東病棟 後藤 花乃

 

私ががんセンターに就職を希望したのは、学生時代の総合実習でがん看護を選択し、当センターで実習を行ったことがきっかけです。

スタッフの患者さんへの関わりが温かいなと思ったこと、教育体制が充実しているという印象があり就職を希望しました。

入職が決まり、初めて病棟に配属される時はとても緊張したことを覚えています。1年目はプリセプターの先輩がついて、毎週業務の目標を決めながら丁寧に指導していただきました。また、継続教育としてクリニカルラダー研修を受け、看護実践に必要な知識、技術を学ぶだけでなく、自分の看護観を深める研修からも看護師として一歩成長できたと思います。

看護師3年目となり、婦人科と脳外科の混合病棟に勤務していますが、プライマリーナースとして責任を持って看護を提供できるようになり、やりがいを感じています。